パソコンで楽しく稼ぐ

やってみたら出来ました、アフィリエイトで毎月10万円!

〜アフィリエイトスクール受講体験記〜

半年で毎月10万円!当時の私には夢のような話でした。会社の給料以外に10万円があったら。。。いつもそんなことを思っていました。しかし、今ではその金額をあっさり超えてしまいました。


会社の給料以外に何をやれば毎月10万円も稼げるのか。まさか、会社の仕事が終わってからアルバイトに行くわけにもいかず、毎日モンモンとしながら過ごしている人も多いことでしょう。しかし、そんなあなたにピッタリのアフィリエイトという方法があるのをご存じでしょうか。


アフィリエイトならば、会社勤めをしながらでも、自分のペースでやっていくことが出来ます。しかし、アフィリエイトもビジネスである以上、そうそう簡単にお金を稼ぐことは出来ません。でも、安心して下さい。


アフィリエイトで成功している人から直接個別指導してもらえる「マスターズ・アフィリエイトスクール」という通信制の講座があります。


講師自身や多くの受講生が試してみて成果が出た方法を使って指導してくれます。実証済みの方法だから、ノウハウ自体に間違いは無いと思います。


しかも、受講生ごとの個別指導なので、何か分からないことがあれば、講師に直接メールや電話で質問をすることが出来ます。


色んなアフィリエイトに関する本や情報商材を買って自分でやってみたけど、うまくいかなかったという人も多いと思います。情報があっても、具体的に何をしたらいいのか分からないという場合が多いからです。


私も最初は市販の本を参考にアフィリエイトを始めました。本に書いてあることを参考に、見よう見まねでサイトを作ってみました。でも、なかなか実績は上がりませんでした。


本に書いてあったことは確かに正しいのだろうと思います。本の著者はそのとおりにやって成功したのだとも思います。でも、本を読んだ人がそれをそっくり真似しようとしても出来ないのです。本の著者が実行して成功した方法を、自分の行動に具体的に落とす方法が分からないのです。




たいした実績が出ないまま、アフィリエイトに関する本やアフィリエイトサイトを読みあさる日々が続きました。


そんななか、「マスターズ・アフィリエイトスクール」のホームページが目にとまりました。「マスターズ・アフィリエイトスクール」のホームページを見た瞬間、今まで見てきたアフィリエイトに関するホームページとは何かが違うと思いました。でも、その時は、何が違うのかはよく分かりませんでした。




とりあえずインターネットエクスプローラーの「お気に入り」に入れておこう。それから一週間か十日間ほど毎日「マスターズ・アフィリエイトスクール」のホームページを眺めていました。


アフィリエイトで実績を出している人から直接個別指導をしてもらえる「個別顧問コース」がとても魅力的なものに思えてきました。


伊藤哲哉のマスターズ・アフィリエイトスクール」 は、
アフィリエイターとして成功するためのノウハウを、
実践を通して学ぶスクールです。


現役アフィリエイター伊藤哲哉が、今現在でも活用できる
生きたノウハウを徹底的に教えます。
その人のニーズに合ったやり方で、アフィリエイトでの稼ぎ方
効果的に学ぶことができます。


マスターズ・アフィリエイトスクール」のホームページに書いてあったこれらの文言に心ひかれました。でも、私は「個別顧問コース」を受講しなかったのです。それは何故か?


これからアフィリエイトでお金を稼ごうとする人間にとって受講料があまりに高いものに思えたのです。『いいのは分かるけどちょっとなぁ。。。』毎日そんなことを考えていました。


そこであることを思いつきました。『マスターズ・アフィリエイトスクールのノウハウだけをもらって、あとは自力で何とかしよう』。そんなことを考えて「オーディオコース」を申し込みました。


ノウハウさえあれば自分でどんどん成功できると
いう、上級者向けの教材
です。


オーディオコース」のページにこのように書いてあります。『自分はあまり実績が出ていないけど、アフィリエイト経験者だし、本物のノウハウさえもらえれば何とかなるだろう』このように考えていました。


ところが、それが大きな間違いだったのです。考えが甘すぎました。本を読んでアフィリエイトを始めた時と同じような状況になったのです。オーディオ教材で先生が話していることを聞いても、具体的に何をしたらいいのか分からないのです。


何を甘えたことを言うのかと思われるでしょうが、アフィリエイトで成功した経験の無い者には、アフィリエイトで成功するための具体的な行動のイメージが出来ないのです。


『やっぱり成功者から個別指導してもらわなきゃダメだ!』。


オーディオ教材を聞き始めて二ヶ月ほど経って、ようやくこのことに気がつきました。アフィリエイトで成功したいという気持ちだけはずっと持ち続けていたので、二ヶ月ほど遅れて「個別顧問コース」を受講することになりました。2005年も押しつまった暮れの出来事でした。


さて、年も明け2006年の1月。いよいよ「個別顧問コース」の受講開始です。アフィリエイトを始めるにあたって、まず何よりも大切なことは「テーマ選定」です。テーマが決まらないことには、何をしていいのかが分かりません。


この時点で、テーマ候補としてあげていたのは「ダイエット」と「パソコン」でした。今まで見よう見まねでやっていたサイトのテーマが「ダイエット」でした。


「ダイエット」をテーマにしていたのは、自分がウォーキングでダイエットに成功した経験があるから、だたそれだけの理由でした。サイトに載せる情報や商材の分析をした訳ではありませんでした。


でも、それなりの期間やっていましたので、あっさり捨て去るには惜しかったので、「ダイエット」をテーマ候補として残しました。


それから「パソコン」をテーマ候補としてあげたのは、本業との絡みがあるからです。メーカー系のソフトウェア会社に勤めているというメリットを利用してサイト作成を行おうと考えたのです。


講師の指示に従って、「ダイエット」と「パソコン」をテーマ候補として、併行して作業を進めることになりました。最初に指示されたのが「商材選び」でした。『え?!』と思いました。『まだテーマも決まっていないのに、いきなり商材選び?』と思いました。しかし、講師の言うことには意味があるはず、まずは忠実に言われたことをやってみようと決めました。


各ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の画面とにらめっこをしながら、「ダイエット」と「パソコン」に関する商材の情報を集めてまわりました。


今思えば、この「商材選び」というのはとても大切な作業であると理解が出来るのですが、当時はその意味も分からずにやっていました。


商材をサイトに載せて、その商材が売れることによって始めて収入が発生する訳で、この「商材選び」はアフィリエイトの根幹を成す大切な作業だったのです。この商材選びを通して、アフィリエイトというもののイメージが分かりかけたような気がしました。


次に、「ネタの書き出し」作業に取りかかりました。この「ネタの書き出し」作業というのは、『自分が好きなこと』、『自分が得意なこと』、『自分が第三者に伝えられそうなこと』をまとめる作業です。これら三つの切り口で、思いつくキーワードをランダムに書き出していきます。


キーワードを100個くらい書き出したところで何となく見えてくるものがありました。


数あるキーワードの中で、これについては強く語りたいというものが出てきたのです。もともと、「ダイエット」と「パソコン」というテーマ候補がありましたが、これまでやった作業をとおして、自分の本当にやりたいことは「パソコン」であると改めて気がついたのです。


本業を絡ませると効率がいいという計算も働きましたが、やっぱり自分は「パソコン」をテーマにサイトを作りたい。強くそうおもうようになったのです。


テーマを決めるためにこれだけの作業をしなければならないなんて、いっけん遠回りをしているような感じを受けますが、自分自身を深く見つめ直すことはとても大切なことなのです。


自分のことがよく分からないのに、他の人に何かを伝えることなんて出来ません。「自分の得意なことは何なのか?」、「自分の好きなことは何なのか?」、「自分の本当にやりたいことは何なのか?」今までこれらのことをこんなに真剣に考えたことなんてありませんでした。


アフィリエイトのテーマ選定のために行った作業だったのですが、自分の生きる道を教えてくれたとても意義のあることだったのです。


さて、私のアフィリエイトのテーマは「パソコン」に決定しました。ほっと一息つきたいところですが、そんなことは言ってられません。


次に行った作業は「キーワードの書き出し」です。これは「パソコン」に関するキーワードを思いつくまま書き出していくものです。キーワードを書き出しながら、自分のサイトで扱いたいキーワードに印を付けていきます。


印の付いたキーワードが20〜30個たまってくると、サイトの構成がおぼろげながら見えてきます。そこでサイトのメニューになりうるキーワードを15個程度ピックアップし、サイトのカテゴリー構成を決めました。そこで、このカテゴリー構成の善し悪しについて講師の意見を求めてみました。


そうしたら「そのカテゴリー構成で行きましょう」という言葉をもらって、カテゴリー構成案の決定です。


カテゴリー構成が決まれば、あとは実際のサイト作成に入っていきます。カテゴリー構成に沿ってネタを書き出していきます。


まずは、アフィリエイトのことは抜きにして、情報サイトとしての体裁を整えることを最優先課題としました。頭の中にあるパソコンやインターネットに関する情報をどんどん書き出していきます。目標は100エントリーです。


ある程度サイトの情報がたまってから商材を紹介するページを作成する戦略でいくことにしました。これには理由があります。サイトの体裁が整っていないとASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の審査をパスしないのです。


果たして、この戦略がうまくいって、すべてのASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の審査を一回でパスしました。


ここにきて再度、「商材選び」を行いました。講師の指示のもと、今回の商材選びはちょっと観点を変えて、コミッションの高い商材を中心に選ぶことにしました。


あまり悠長なことをせず早急に成果を出したくなったからです。最低でも1000円以上のコミッションの商材をピックアップし、EXCELのリストにまとめます。更にその中から商材をひとつ選び出し紹介文を作成します。紹介文を書き終えたら、講師に添削を依頼します。


紹介文執筆中!
当然のことながら、講師からはなかなかOKが出ません。書き直しの指示が繰り返されます。自分ではうまく書けたつもりなのに、講師から厳しい指摘を受けた時は正直言って気分がへこみます。それでも何とか紹介文を書き直し、講師に再提出します。


そんなことを繰り返すうちに、何とか講師からOKをもらいます。OKを貰った紹介文をサイトに載せる時の充実感というか達成感みないなものは何ともいえません。


今でも、この紹介文を書いて講師に添削を依頼するという作業を繰り返しています。実はこの紹介文もそうやって書いたものです。講師や他の受講生から薦められた本を参考にとにかく紹介文を書きます。そしてその紹介文を講師が添削するというかたちで進めていきます。


あとはこのプロセスをひたすら繰り返すだけです。このプロセスを繰り返しているうちに、最初はまったく分からなかった紹介文の書き方がおぼろげながらでも分かりかけたように思います。


このように、講師と受講生が力を合わせて頑張ってきたので、こんなサイトを作ることが出来ました。


エンジョイ・PC(パソコン)


しかし、このサイトはまだ完成した訳ではありません。まだまだやらなければならないことがたくさんあります。


これからは、紹介文を書き続けると同時に「アクセスアップ」にも取り組んでいかなければなりません。


この「アクセスアップ」に関しても、受講生同士の相互リンクの仕組みが用意されていたり、アクセスアップ顧問の講師がいたりしていて、万全のバックアップ体制がとられています。


これほど恵まれた環境はそうそうあるものではありません。


このように、「マスターズ・アフィリエイトスクール」では、テキストを読んで終わりというような情報商材ではありません。講師の指導のもと、さまざまな課題が与えられて、それを消化していかなければなりません。受講生にもそれなりの努力が求められます。


はっきり言って、講師から指示される課題をやるだけでも相当な努力を要します。生半可な気持ちでは出来ません。そのかわり、やる気のあるものにとっては最高の環境が手に入るのです。


ここで参考までにあるデータをお伝えします。


NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の調査では、アフィリエイター全体の7割が月収1000円以下となっています。


一方、マスターズ・アフィリエイト・スクールの受講生に関していえば、全体の7割(受講中の方も含みます)が月1万円以上の報酬を継続的にあげています。


私も今までいくつか情報商材を試してみましたが、これほど手厚いサポートのある情報商材は始めてです。アフィリエイトで成功を目指すものにとって、これ以上のものはありません。自分が受講してみて率直にそう思います。


マスターズ・アフィリエイトスクール」は、経験者はもちろん、まったくの初心者でも出来るように、しっかり指導してくれるので、短期間で絶対にアフィリエイトで成功したい人にはオススメです。


個別指導のアフィリエイトスクールについて更に詳しく知りたい方はこちらまで...



マウスコンピューター/ノートモデル

2006年07月08日 23:12