ブラインドタッチのススメ

ブラインドタッチ(タッチタイピング)を覚えましょう

パソコンを楽しめるかどうか、パソコンを本当に役立つ道具に出来るかどうかは、ブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来るかどうかにかかっています。


楽しみながらブラインドタッチ(タッチタイピング)

ブラインドタッチ(タッチタイピング)を覚えるためには、ある程度辛抱強く練習する必要があります。しかし、動画や音声を使ったエンターテイメント性のある練習ソフトを使えば楽しくブラインドタッチ(タッチタイピング)の練習をすることが出来ます。


インターネットでタイピング練習

自分ひとりでブラインドタッチ(タッチタイピング)の練習をやっていると、寂しくなって飽きてきます。やはり一緒に頑張る仲間が欲しいですね。そんな時にとても重宝するサイトがあります。


まずは母音から

ブラインドタッチ(タッチタイピング)を早くマスターするコツがあります。

それは、何はともあれ、まずは母音を打てるようになることです。


チャットでスピードアップ

ひととおり指がキーの配置を覚えたら、あとはひたすらスピードアップの練習をすることになります。ただやみくもにブラインドタッチ(タッチタイピング)の練習しても楽しくないですから、そこは工夫が必要です。


ブログでスピードアップ

とりあえずブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来るようになって、これからスピードアップの練習をしたいけれども、チャットの相手がいない。そんな方はブログで毎日、日記を書くことをオススメします。


思考の流れを邪魔しない漢字変換

パソコンで漢字を打つ場合、漢字変換のプログラムが必要になります。この漢字変換のプログラムの善し悪しによってタイピングのスピードが大きく変わってくるのにお気づきでしょうか。


単語登録でスピードアップ

ひらがなを入力して漢字変換をする際、正しい漢字に変換されなかった時はどうしてますか?多分、漢字を一文字ずつ変換して目的の漢字を打っているのではないでしょうか。それもひとつの方法ですが、他にももっと楽に目的の漢字を打つ方法があります。


爪は短く

爪(つめ)の長さによってキーボードの打ちやすさは変わるのでしょうか。そこで、爪(つめ)が伸びるにしたがって、キーボードの打ちやすさがどう変化するのかを確かめました。