WindowsXPの軽量化

余計なプログラムを起動しない

様々なプログラムを起動する毎にパソコンのメモリーとCPUパワーを消費し、パソコンの体感速度が落ちていきます。しかし、余計なプログラムを起動しないことによって、体感速度の低下をある程度防ぐことが出来ます。


様々なソフトをインストールしていくうちに、いつのまにか「スタートアップ」にプログラムがたくさん登録されていることがあります。


必要なプログラムならばそのままにしておいてもいいのですが、余計なプログラムをそのままにしておくと、余分なメモリーとCPUパワーを消費して、パソコンの体感速度の低下に繋がります。


どのプログラムを「スタートアップ」から外していいのか分からない時は、まずはどれか一つのプログラムを「スタートアップ」から外してみます。そしてパソコンを再起動してから暫く様子を見ます。特に問題が無ければOK、何か問題があれば速やかに外したプログラムを「スタートアップ」に戻します。この方法で不要な「スタートアップ」のプログラムを見つけることが出来ます。


また、「スタートアップ」にアイコンは登録されていなくても、自動的に起動するプログラムもあります。例えば、「MSNメッセンジャー」はそのひとつです。「MSNメッセンジャー」の使用頻度が低いならば自動的に起動しないように設定を変更します。


タスクトレイにある「MSNメッセンジャー」のアイコンをダブルクリックして「MSNメッセンジャー」の画面を表示します。メニューの「ツール」-「オプション」をクリックします。


「全般」を選択し、「Windowsへのログオン時に、Messengerを実行する」のチェックを外して「OK」ボタンを押します。そうすれば、次回のWindows起動時から「MSNメッセンジャー」は自動的には起動しないようになります。


「Windowsへのログオン時に、Messengerを実行する」のチェックを外して「OK」ボタンを押します。
MSN Messengerの設定画面。赤印の箇所のチェックをはずすと自動的には起動しなくなります。


その他の不要な常駐ソフトを解除するには、「システム構成ユーティリティ」を使用します。


システム構成ユーティリティ
システム構成ユーティリティのスタートアップタブ


「システム構成ユーティリティ」は、「スタート」ボタン-「ファイル名を指定して実行」と順にクリックし(「Windows」キー + 「R」キー)、「msconfig」と入力して「OK」ボタンを押せば起動します。「スタートアップ」タブ内に一覧表示されているプログラムのチェックを外すと、そのプログラムはスタートアップを解除されます。


そのことによって不具合が生じた場合は、また元に戻して不具合を解消します。確実に不要であるという確信が持てないプログラムのチェックは外さない方が無難です。

マウスコンピューター/ノートモデル

2006年09月27日 23:58