WindowsXPの軽量化

サウンドをオフにする

Windowsの起動時や終了時やエラー発生時など、イベント毎に鳴らすサウンドは聴覚でパソコンの状態を把握出来るので、ある意味便利なのですが、パソコンのメモリーとリソースを消費します。このサウンドをオフにすることによって、メモリーとリソースの消費量を抑え、パソコンの体感速度を上げることが出来ます。設定は次のように行います。


コントロールパネルの「サウンドとオーディオのプロパティ」を起動し、「サウンド」タブをクリックします。


次に「サウンド設定」「サウンドなし」を選択します。それから、「プログラムイベント」ですべてのイベントの設定を「なし」にします。


これで音が鳴らなくなります。但し、アプリケーション毎のサウンド設定には影響しません。


ここでサウンドをすべてオフにします
ここでサウンドをすべてオフにします。

マウスコンピューター/ノートモデル

2006年10月28日 23:10