WindowsXPの軽量化

エラー報告をオフにする

WindowsXPには、エラーが発生した場合にエラーの内容をマイクロソフトに報告する機能があります。初期設定ではエラーを報告するよう設定されているのですが、この設定を無効にするとパフォーマンスが良くなります。その設定は次のように行います。


■「マイコンピュータ」を右クリックして「プロパティ」をクリックします(Windowsキー + Pauseキー)。


■「システムのプロパティ」が表示されたら、「詳細設定」タブをクリックし、「エラー報告」ボタンを押します。

エラー報告ボタンを押す


■「エラー報告を無効にする」を選択し、「重大なエラーが発生した場合は通知する」のチェックをはずします。

エラー報告を解除する


エラーを報告すると今後の製品開発に生かされるのかもしれませんが、エラーを報告した人へのフィードバックはまったくありません。処理速度の見地から、個人にとってメリットの無い設定は解除した方がいいでしょう。

マウスコンピューター/ノートモデル

2006年11月12日 22:18