WindowsXPの軽量化

ページングファイルのサイズを固定にする

ハードディスクをメモリの替わりとして使用するWindowsXPの仮想メモリシステムでは、ページングファイルのサイズは「初期サイズ」から「最大サイズ」の間で変化します。しかし、このサイズの変化がページングファイルの断片化をまねき、パソコンの処理速度の低下につながっています。


そこで、ページングファイルのサイズを固定にして処理速度の低下を防ぎます。そのためには次のような設定を行います。


■「スタート」ボタン-「マイコンピュータ」を右クリックしてプロパティを選択します(Windowsキー + Pauseキー)


■「詳細設定」タブを選択し、「パフォーマンス」欄の「設定」ボタンをクリックします


■「詳細設定」タブを選択し、「仮想メモリ」欄の「変更」ボタンをクリックします


■ページングファイルがあるドライブを選択し、「初期サイズ」と「最大サイズ」を同じ値にします

ページングファイル固定にします


■「設定」ボタンを押します


■あとは指示に従ってパソコンを再起動します

マウスコンピューター/ノートモデル

2007年06月07日 22:10