ソフトウェアについて

「最近使ったファイル」に素早くアクセス出来るようにする

パソコンを毎日触っていると、同じファイルに何度もアクセスしていることに気がつくことがあります。WindowsXPには最近開いたファイルの履歴を取ってくれる機能がありますが、この履歴にうまくアクセス出来ると日々の作業が効率化します。


WindowsXPでは「最近使ったファイル」という名前で開いたファイルの履歴を取ってくれます。この「最近使ったファイル」にメニューとしてアクセス出来ると非常に使いやすくなります。


そうするためには次のように設定します。


■「スタート」ボタンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。


■「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」が開いたら、「[スタート]メニュー」タブを選択し、「カスタマイズ」ボタンをクリックします。

スタートメニューのカスタマイズ


■「[スタート]メニューのカスタマイズ」が開いたら、「詳細設定」タブを選択し、「最近開いたドキュメントを一覧表示する」にチェックを入れて「OK」ボタンを二度押します。

最近開いたドキュメントスタートメニューに表示する


【最近使ったファイルの表示例】
最近使ったファイルの表示例


尚、「一覧のクリア」ボタンを押しても、クリアされるのはファイルの履歴だけで、元のファイルは削除されません。履歴の数が多くなって見にくくなってきたら「一覧のクリア」ボタンを押してファイルの履歴を削除してみて下さい。

マウスコンピューター/ノートモデル

2006年11月20日 09:49