トラブルの解決方法

ハードの故障箇所を特定する

パソコンの障害は大きく分けて二つの障害があります。ハード障害とソフト障害です。究極のソフト障害対策はOS(Windows)の再インストールですが、ハード障害の場合は同じ構成のパソコンがもう一台あれば、障害箇所の特定が随分簡単に行えます。


次のようにして障害箇所の特定を行います。


障害が発生したパソコンからパーツや周辺機器をひとつずつ取り外し、正常に動いているパソコンと交換して様子を見ます。


■そこで同じように障害が発生すれば、そのパーツや周辺機器が障害の原因です。障害が発生しなければ、そのパーツや周辺機器は障害の原因ではありません。別のパーツや周辺機器を交換して同じように障害が発生するかどうかを試します。


■この作業を障害の箇所が特定出来るまで続けます。

マウスコンピューター/ノートモデル

2006年04月17日 23:11