トラブルに備える

スパムメール対策

スパムメールがたくさん届いて困っている人は多いのではないでしょうか。大量のスパムメールが届くと、その処理に時間が取られるだけではなく、重要なメールがスパムメールに埋もれてしまい、大切な情報を見落としてしまうかもしれません。また、スパムメールを不用意に見てしまうと、ウィルスに感染してしまうかもしれません。


まったくもって迷惑な話ですが、スパムメールの発生をユーザの側で止めることは出来ませんから、やはりユーザ側で何らかの対策が必要になってきます。


主なスパムメール対策としては、次のような対策が考えられます。


自分でも覚えられないくらい複雑なメールアドレスにする

もっとも簡単で効果のあるスパムメール対策です。これからメールアドレスを取得する人には有効ですが、既に使用しているメールアドレスを持っている人にとっては、メールアドレスを変更しなければならないという欠点があります。


スパムメールをゴミ箱などに自動振り分け

スパムメールが来る度に、ゴミ箱などに自動振り分けするよう地道に設定をします。かなり根気と手間の必要な方法です。新たな送信者には対応しずらいという欠点があります。


アドレス帳に登録していないアドレスからのメールはゴミ箱へ

Webメールはそういった設定が簡単に出来ます。


メーラー(メールソフト)のスパムメール対策機能を使う

秀丸メール、Becky!には、スパムメールを自動で処理する機能を持っています。この機能を使うと、かなりの確率でスパムメールを自動で排除してくれます。詳しくは、次のページを見て下さい。

  ・コミュニテックス - 迷惑ワード配信フォーラム
   
  ・窓の杜 - BkASPil Plug-in for Becky!2


Eudoraを使う

手動でスパムメールを処理しているうちに、Eudoraがスパムメールに関する情報を学習し、正しく処理出来る確率が徐々に上がっていきます。


ブラウザでプロバイダのメールサーバーにログインし、スパムメール対策の設定をする


どの方法をとるにしても完璧な方法はなく、ある程度の手間と時間がかかります。もし、メーラー(メールソフト)を変えてもいいということであれば、「秀丸メール」の迷惑メール対策機能を使うことをオススメします。非常に高い確率で(90%以上の確率で)スパムメールを排除することが出来ます。

マウスコンピューター/ノートモデル

2006年04月12日 14:32