トラブルに備える

ディスクにバックアップを取る

万が一のトラブル発生に備えて、大切なデータのバックアップを取っておくことは、とても重要なことです。特に、デジタルカメラで撮った大切な家族の写真などは撮り直しが出来ません。トラブルが発生すると、取り返しが付かないことにもなりかねません。


バックアップを取る方法は何通りもあります。


例えば次のような方法があります。


パソコンにディスクを二台装着し、一台を完全にバックアップ用とします。
「NTuS Realtime Backup (NuBak)」というソフトを使い、必要なデータを自動バックアップします。


ディスクは二台同時にはクラッシュはしないだろうという、安易な考えかもしれませんが手間のかからない方法です。


また、「NTuS Realtime Backup (NuBak)」が常駐しながらバックアップを行いますので、多少のCPUパワーとメモリーを消費します。しかし一度設定をすれば、あとは何も考えなくても指定したファイルやフォルダーが更新される都度自動的にバックアップを取ってくれますので、とても便利です。


NTuS Realtime Backup


より完璧なバックアップを行いたい時は、他の方法でもバックアップをしなければなりませんが、この方法だけでも、とりあえずは安心です。


尚、「NTuS Realtime Backup」はシェアウェアです。継続使用する場合は「ベクターのシェアレジ」で送金して下さい。


マウスコンピューター/ノートモデル

2006年09月22日 16:00