トラブルに備える

同種類のソフトを多数インストールしない

パソコンは様々なメーカーのハードウェアやソフトウェアが組み合わさって出来ています。どのハードウェアもソフトウェアも開発段階では充分なテストが行われていると思いますが、すべてのハードウェアとソフトウェアの組み合わせをテストしている訳ではありません。あまりにも多くのハードウェアやソフトウェアをパソコンに組み込むと思わぬトラブルに見舞われる可能性が高まります。


むやみにたくさんのハードウェアを接続することは考えにくいので、問題はパソコンにインストールされているソフトウェアです。


殆どの人は主に使っているソフトウェアはだいたい決まっていると思います。


例えば、ワープロソフトならマイクロソフトの「Word」、ウィルス対策ソフトならトレンドマイクロの「ウィルスバスター」という風に、使用頻度の高いソフトウェアはそんなに数多くはないと思います。


ところが、ハードディスクが大容量であることをいいことに、あらゆるソフトウェアを片っ端からインストールしている人はいないでしょうか?


ワープロソフトが何種類も入っていたり、ウィルス対策ソフトが何種類も入っているなんてことはないでしょうか?


ところが、こんなことが思わぬトラブルを招くかもしれません。特に、ウィルス対策ソフトは複数を同時にインストールして動かすとトラブルが起きることが多いようです。


自分のよく使うソフトが決まっているなら、必要の無いソフトはインストールしないことが、誰にでも出来るトラブル防止対策です。

マウスコンピューター/ノートモデル

2006年09月30日 22:44