トラブルに備える

寿命が来る前に壊れることを防ぐ方法

パソコンは精密機械なので扱い方によっては壊れてしまうことがあります。自然に壊れてしまうのは仕方がありませんが、人間の不注意で壊してしまうことも意外に多いのです。このような悲しい事故を防ぐためのちょっとした注意方法を考えてみました。


次のようなちょっとしたことでパソコンを不注意で壊してしまう危険性を減らすことが出来ます。


■パソコンの動作中はパソコンを動かさない

パソコンのハードディスクは衝撃に弱いので、パソコンが動いている間はパソコンを動かすことは極力避けて下さい。


■パソコンに無理な圧力を加えない

特にノートパソコンの液晶は圧力に弱いので、ノートパソコンを持ち歩く時は専用のケースに入れて下さい。


■ノートパソコンを持ち運ぶ時はカード類を抜いておく

出っ張りのあるカード類を付けたままだと、そこの部分が外部からの圧力で壊れやすいので、出っ張りのあるカード類は必ず抜いてからノートパソコンを持ち運んで下さい。


■雷対策をしておく

パソコン本体はもちろん、周辺機器やモデムやルーターなども、雷サージからガードする機能を備えたOAタップを使用して下さい。


■静電気に気をつける

特に冬場は静電気が発生しやすいので、特に端子がむき出しになっているカード類の取り扱いには充分注意して下さい。


■飲み物を飲みながらパソコンを触らない

パソコンは水気が大敵です。不慮の事故を防ぐためにもパソコンの前で飲み物を飲まない方がいいです。


■結露に注意

ノートパソコンを持ち歩く時は、急激な温度変化に気をつけて下さい。特に寒い屋外から暖かい屋内にノートパソコンを持ち込む時は、室内の暖かい温度に徐々に馴染ませてからにして下さい。


■ほこりに注意

ほこりが多い所にパソコンを置くと、ファンで空気を吸い込んでいる吸入口が詰まり、パソコン内部の温度が上昇する原因になることもあります。


■パソコンの前で煙草を吸わない

パソコン内部に煙草のヤニが付着してトラブルの原因になることもあります。


こうやって見てみると当たり前のことばかりです。しかし、これらのちょっとした注意を行うことで、パソコンを不慮の事故から守ることが出来るのです。

マウスコンピューター/ノートモデル

2006年11月24日 14:57