雨傘が気になる

最近、ひと目見ただけで「お、何だ?この雨傘は?」というような雨傘が増えてきました。その雨傘をようく見ると、どうやら雨傘の骨の本数が多いようなのです。 骨が多いだけで雨傘は見た目が実にキレイになるんです。そういう訳で、雨傘のことが少しだけ気になる今日この頃です。

雨傘について

傘(かさ、umbrella、parasol)は、通常は雨や雪が降っている時に体や持ち物を濡らさないために使用されるが、強い日差しを避けるために使用される物もある。前者を雨傘(あまがさ)、後者を日傘(ひがさ)と呼んで区別する。また、材質・地域によって和傘、洋傘の区別もある。頭上を防禦するための傘を「さす」は、「刺す」ではなく「差す」である。なるほど。。。

雨傘は、現在、よく見られる傘であり、軸・骨が金属製で、防水加工した布が張られている物が多い。ただし匠の傘と呼ばれる手作りの高級品の軸(シャフト)には天然樹の樫棒が使用される。また骨もカーボン製の軽いものが使用されている傘も増えてきた。

参考文献・・・・出典元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

晴雨兼用傘について

日傘の普及に伴い、特に雨天でも使用可能を謳って商品化された日傘。普通の日傘よりも布の目が細かく、水を通さないようになっているが、日傘としても使える雨傘ではなく、不意の雨でも使える日傘といったスタンスで、デザインや大きさなどは日傘に準ずる。

参考文献・・・・出典元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

雨傘の選び方

雨傘は決して雨をよけるためだけの道具ではありません。確かに、雨をよけて濡れないことが雨傘を使う最大の目的なのですが、どうせ雨傘を使うのなら使って楽しい雨傘を使いたいですね。 使って楽しい雨傘とは、まずは雨傘を開いたり閉じたりしやすいこと。これがしにくい雨傘は使う気になれません。それから、適度な大きさと重さであること。また、雨傘の見た目も大切です。 今や雨傘はファッションアイテムのひとつといっても過言ではありません。女性がキレイな雨傘を差して颯爽と歩いていると、それだけで絵になるんです。

男性が使う雨傘は、これまでは黒か紺と相場が決まっていましたが、今は違います。男性だって魅力ある雨傘が使いたいんです。皆が皆、黒か紺の雨傘を使っていると紛失しやすくもなります。 自分の個性を主張するような魅力ある雨傘、使っているだけで発想を刺激されるような雨傘を使いたいものです。

オススメの雨傘

雨傘最新情報


雨傘 あまがさ パラソル